mon petit jardin

朝顔、ミニバラ、お花の観察日記

多肉の花

DSCF2198.jpg

月青さんが子持ち万年草?のお花の記事を書いていたので真似っこです。
以前、紹介したセダムのブレビフォリウムですが、花が咲いて満開になりました。

DSCF2152.jpg
お花のアップはこんな感じ。白くてとっても小さい花です。最初は正直イマイチと思ってたんですけど、
満開になってきたらかわいい~と思えてきました。

DSCF1059.jpg
ブレビさん、植えたばかりの時はこんな感じでショボかったんです。10月26日の写真です。

DSCF1803.jpg
それがこんなにモリモリになって、花が咲きました。

DSCF2199.jpg
こっちはオマケでもらったセンペルっていう多肉(真ん中の)と万年草です。
多分ウスユキマンネングサだと思います。これも白い小花が咲きました。
んでこのセンペルなんですけど、やっぱり春先に花芽みたいなのができて花が咲くのかな?と思ったのですが、

DSCF2200.jpg
どうも花じゃなくて赤ちゃんだったみたいです。
ちびっこサイズのものがいくつもできてます。どんどん増えるんですかね?
多肉はたまに水をあげて基本放置ですけど育つんですね~。すごいです。

色々観察

DSCF2191.jpg

昨日まで寒かったのに、今日は久々にお日様が出たせいで逆に暑いです。
特に朝はジリジリしてましたけど、今は風が気持ちよくなって丁度良い感じです。

モモイロタンポポですけど、ついに2つだけ収穫しちゃいました。
2つでこれだけの種が採れました。が・・・。

DSCF2190.jpg
この黒いのが熟した種で、白いのは植えても芽が出ないそうなんです。
これ、時間を置けば黒くなっていくのか、
それとも初めから全部が種になるんじゃないのかもしれません。
(他の方のブログにはそんな風に書いてありました)
とりあえず2つで10粒程収穫できました。すっごく少ないけど充分だと思います。
種の部分が白いだけで黒いのと同じくらいの大きさと太さがあるものと、
茶色っぽくて大きさも短くて細いのとかもあるので、次に採ったやつはそのまま紙袋に入れて放置したいと思います。



DSCF2195-001.jpg

後はこれ。
娘の学校用の植木鉢で咲いた姫女苑(ヒメジョオン)です。
今年は班毎にヘチマを育てるとの事で、植木鉢は必要ないそうなんです。
なので去年の秋に学校から持ち帰ってきてそのまま外に置きっぱなし状態でした。
色々な雑草が生えてきて、それを楽しんだり。もちろん不要なのは抜きまくりで。
これは何が咲くのかわからなくて、多分ハルジオンなのかな?と思ったのですが全然咲く気配がなく。
最近になってよ~~やく咲きました。

dc060410.jpg
(これはハルジオン)

ハルジオンとヒメジョオンの違い、全然わからなかったんですけど、
ハルジオンのほうが先に咲いて、ヒメジョオンが咲くころにハルジオンは枯れてしまいます。
実際、近くに咲いていたハルジオンも枯れてきてます。
後は花弁が、ハルジオンのほうが更に細かいです。
色は姫女苑のほうは白だけらしいのですが、ハルジオンのほうはピンクとか、薄っすらピンクとか。
白もあるみたいですが、こっちではあまり白は見かけないかもしれません。
なので今まで時期と色で判断してたんですけど、他にも違いはいっぱいあるみたいです。
けっこうかわいいお花ですよね。
雑草だと家の前は陽当たりが悪いのか、あまり咲かないし、
桜の花の辺りは大家さんが定期的に抜いちゃうのであまり楽しめないんですよ。
なのでプランターに生えてきた雑草は唯一じっくり楽しめる雑草です。

DSCF2196.jpg
それからホウセンカの鉢だったので、ホウセンカの芽がいっぱい出てきました。
かわいそうだけど、何本かすでに抜いちゃいました。
最初に出てきた2本くらいを残しているので、このままホウセンカも楽しめるかもです。
でも白じゃなくて多分赤とか紅なんだと思います。
茎が赤っぽいです。そう言えばホウセンカも茎の色に違いが出るんですよね。




ラブリーモア

DSCF2167-001.jpg

今年もラブリーモアさん特集です。かなり写真たくさんです。
モアさんは花持ちがとっても良いです。
それに今年はとっても淡いピンク色で好みの色で咲いてくれました。
去年はかなり蛍光ピンクになったり、秋はオレンジがかかった色だったので
蕾ができてからはなるべく日陰に置いてたせいだと思います。
それから真ん中がくしゅくしゅしていて花弁が去年よりも多くなったみたいです。
うどん粉にちょっとだけ感染してしまったけど、すぐに完治したし強いバラですよ。

DSCF1998_20120623195010.jpg
6月7日

DSCF2018.jpg
6月9日

DSCF2046.jpg
6月11日


DSCF2110.jpg
6月14日

DSCF2118.jpg
6月15日

DSCF2164_20120623195448.jpg
6月20日

DSCF2169.jpg
6月21日

朝顔観察 6月23日

DSCF2186.jpg

寒いです。すっごく。
長袖の上にもう1枚羽織りたい気分なのに、娘は半袖で大丈夫らしいです。
風邪引いたのかもしれません。でもホントにこっちは寒いです。

写真の朝顔は曜白大輪なのですが、双葉に茶色のシミがたくさんできてます。
病気みたいで心配。カダンセーフしたほうがいいのかな?
マルバさんにはハダニにやられたような白い点々が出ているのもあります。
まだ朝顔達には何も予防してないのでしっかりやらないと駄目ですね。

DSCF2185.jpg
これは朝顔じゃなく昼顔です。
サンシキヒルガオ(三色昼顔)で別名コンボルブルスというらしいです。
3色か4色あってミックスの種しか売っていなかったのですが、
その中の青紫だけがどうしても咲かせたいんです。
この2つの茎の色を見ると白っぽいのと、若干紫がついているものでした。
朝顔と同じに茎に色が出るのだったら、青紫だったらもっと濃い色がつきそうなんですよね。
なのでもう一つ種をつけている所です。
種の色も薄い茶色と黒い色とかあるんです。これ、桔梗さんの時も思ったのですが、
種の色も花の色に関係してますよね??
薄い色のほうが花の色も薄い系なんだと思います。
なので最初も黒いのと両方つけたんですけど、黒いのだけ種が膨らまなかったんです。
なので今回は黒いのだけ挑戦です。全部の色が揃ってくれるのが1番なんですけどね。
でも種の色で花の色がだいたいわかるんだったら、ミックスの種でも便利かも~。

DSCF2180.jpg
モモイロタンポポの綿毛、丸くなってきましたよ。
でもまだ完成ではないみたい。かなり時間かかるみたいです。

朝顔観察 6月21日

DSCF2175.jpg
スプリット2号さん、だいぶ大きくなってます。
まだ蔓が伸びていないんですけど、よ~~く見たら花芽らしきものがついていました。
最初は何かついていると思って、アブラムシかと思ったんです。
でも花芽だったので更にビックリしました。
もうマルバさんも3年目なので花芽の見分け方はバッチリです。
ただ、枯れてしまう可能性もあるので無事に成長して欲しいです。

DSCF2177.jpg
水玉さんとスプリットさんの茎です。
やっぱりスプリットさんのほうが少し太いんですよ。
それに茎が固そうで朝顔の伸び方じゃないような。


DSCF2176.jpg
こっちは紫水玉さん。

DSCF2179.jpg
水月さん、双葉がピンと張ってくれました。
葉っぱが斑入りなのか色が薄くてまだらです。
朝顔の葉も色々とあるみたいですよね。本当に朝顔は奥が深くて面白いです。
色々と知りたくなってきてしまいます。
確か、以前色々と調べたと思うのですが、もうすっかり忘れているみたいです。アハハ。

それにしてもスプリットさんや水玉さん達は、もうそろそろプランターに植えちゃっても良さそうですよね。
昨日今日と天気が悪いので、晴れたら実行したいと思います。

スィートチャリオット

DSCF2165.jpg

DSCF2151.jpg


去年の秋にお迎えしたスイチャリさん。
どんどん咲いてきています。
手前の主役みたいに映っているのはティファニーさんです。
強い香りなので、触ると少し手に匂いが移るくらいです。

スイチャリさんと一緒にお迎えしたベンムーンは4月くらいに枝枯れで完全に枯れてお亡くなりになりました。
こちらも強香って事で楽しみにしていたんですけど。
スイチャリも3本中2本が枯れてしまい、残りの1本も短くて新芽もあまりでなくて
一時はどうなるかと思ったのですが、途中から蕾が出て、どんどん芽も出てきてわさわさしてくれました。
本当に良かった~~~。
とにかくポンポン咲きでかわいいし、咲き進むと色が薄くなるので飽きがこないんです。
それにかわいいし、良い匂いだし、うどん粉にもかからないし言うことなしだと思います。
ただ花弁が薄すぎて花持ちはかなり良くないかもです。

DSCF2060.jpg
6月12日

DSCF2114.jpg
6月14日

DSCF2149.jpg
6月18日

朝顔観察 6月20日

DSCF2155.jpg
昨日の台風、みなさん大丈夫でしたか?
昨日の夜に台風の事を携帯からメール投稿したんですけど、何故か投稿できていません。何で~~?

んで水月さんとみんとV3さんも3号のポットに植えました。
もうイキナリ3号でも良かったかもですね。
スプリットさん2号がやっぱり成長が早いです。

DSCF2154.jpg
水月さんはやっと開いたんですけど、かなりだらーんとしてます。
水月さん、ダラダラしすぎです。成長もかなりゆっくりそうです。
葉の色もすんごくうっすいです。
あ、あと富士の紫さんも植えようかと思って、種まきしました。
2つ一緒に植えちゃう予定です。曜白は2色あったほうが綺麗ですもんね。

DSCF2156.jpg
これは5月20日に球根を植えたポンポンダリアさんです。
今日、や~~~っと芽が出ました。全然出る気配が無いので、もう駄目だと思ったんです。
で、掘り起こしてみたら根が1本出ていたので、もう1度植えなおした所だったんです。
ちょっと深く植えてしまったのが良くなかったみたい。
ポンポンダリア、どのくらい大きいのか花もどのくらいの大きさなのか全然わからないんだけど楽しみです。


朝顔観察 6月18日

DSCF2143.jpg
今日の朝顔です。
だいぶ成長してきて葉が大きくなってきました。
特にスプリット2号が伸びてます。徒長かも。

DSCF2144.jpg
水月さんと、エリアさんちのみんとV3さんです。
今回は底から水を常に吸わせていたので、土が乾くことなく殻も簡単に取れました。
やっぱり水のせいだったみたいです。
でも水月さんは普通のよりも殻が固いのか、今回も取れるのが遅かったです。

そうそう、今日キク科の寄せ植えの手入れをしていたら、
アブラムシがかなりたくさん茎についていてビックリしました。
何時の間にこんなに増えたの~?って感じです。
もうお手上げかもです。
とりあえずハンドスプレーの殺虫剤をかけておきました。
そう言えば、ここ数日はあのテントウムシの幼虫を見かけません。
こんな時こそなのに~~。もう!!
ここ最近、薬?の周期が遅くなってたので効果が薄れていたのかも。
最初はかなりマメにやってたんですけど、最近ちょっと風が強かったり雨降ったりで
そうなるともう一気にやる気がうせちゃうんですよね。明日にしようってズルズルと伸びちゃうんです。
肥料も最近あげてないかも~。

久々のポンポンデージー

DSCF2126.jpg

3月に種まきしたポンポンデージーですが、
もうこんなに大きくなりました。
今4号のスリット鉢に植えています。
でも一向に花芽がつかないんです。
もうポンポンデージーの時期もお終いだと思うんですけど、咲いたとしてもすぐに終わっちゃいますよね。

DSCF2127.jpg

苗から購入したほうのポンポンデージーなのですが、今はこんな感じです。
だいぶ色が薄くなって、ポンポンになる前に花弁が散ってしまったり、花径も小さかったり。

DSCF2128.jpg

散った後に放置していたら種ができるんですかね?
何だか、娘の学校にもポンポンデージーがたくさん植えてあって3色あるんですけど、
うちのこの色とは違うんです。
この色がすっごく気に入っているので、来年も是非これを植えたいんです。
なので種を採りたいんですよね~。

DSCF1817.jpg
5月の中旬の頃のデージー。

DSCF1821.jpg
この頃が1番綺麗で元気に咲いていました。
やっぱり春の花はこのくらいの時期が1番の見頃なのかもしれないですね。
でもずっとたくさん咲き続けてくれているので凄いと思います。

朝顔観察 6月15日

DSCF2117.jpg
2号の鉢が小さくなってきたので、早めに3号のスリット鉢に植え替えしました。
スリット鉢だとサークリングしないので、ギリギリまで植え替えなくても良いそうです。

で、根っこを見てみたのですがやっぱりまだあまり張っていませんでした。
でもスプリットさんだけはけっこう綺麗に張ってました。
見てみると、去年同様スプリットさんの茎だけ太くてガッチリしてるんですよ。
何でなんでしょう?でもその割には去年は成長が全然良くなかったので(ハダニのせいもあるけど)
あまりスリット鉢を信用しても良いのかわかんないんですけどね~。
とりあえず、このまましばらくスリット3号鉢で育てていきます。
鉢が少し大きくなったので、水も持つかな~と思いますし。

そうそう。エリアさんのコメントで話したのですが、
最近桜の木が発祥だと思うのですが、変な幼虫がたくさんついてたんです。
んでそれが移動して私の花とかにもついてるんですよ。けっこうな数なんです。

DSCF2035.jpg
最初はキモイ~と思って駆除しようと思ったんですけど、何だか見覚えがあるなと思って調べてみました。
結果、やっぱりテントウムシの幼虫みたいです。
テントウムシの幼虫もアブラムシを食べてくれるとの事で害虫じゃなく益虫らしいです。
なのでキモイけど我慢で放置です。
でもこの前、園芸作業から戻ってきて何だかオデコが痒いな~とかいてみたら、
ナントこいつがポロっと落ちてきたんです。
その後しばらく痛痒くて最悪でした。嫌すぎます。
今まで見ただけで20匹くらいはいるみたいです。色々な所にいます。
で、ミニバラの蕾にアブラムシが少し居たのでそこにピンセントで撮んでつけてみたんですけど、
嫌だったみたいでに落ちて行きました。
ミニバラには全然つかないみたいです。今日はサナギからかえったテントウムシが多肉さんにしばらくついてたけど、
しばらくしてから見たらいなくなってました。飛んで行ったのかな?
考えてみたらうちにはあまりアブラムシって居ないんですよ。
まったくって事はないんですけど、少ないです。
ウロウロしているのはどうも食べる為ってより、もうすぐサナギになる為に場所を探しているっぽいです。

DSCF2031.jpg
こんな感じでサナギになりかけのやつもいくつかあります。
んでかわいいテントウムシよりもちょっとキモイテントウムシみたいです。
ナナホシがいいな~~。

ティファニー

DSCF2123.jpg


去年の秋に購入したミニバラのティファニーさんが開花しました。
淡いピンクがとても綺麗で花弁が少しヒラヒラしています。
実は春先から1番先にうどん粉にかかってしまい、他の鉢にもどんどん移したので
購入した事を後悔気味だったんです。
でもこんな綺麗な花を咲かせてくれたので、もうそんな思いは吹っ飛びました。
去年買った時についてた花よりも繊細で綺麗な咲き方なんです。
咲き方もすんご~~~くゆっくりなんです。
これからまた変わって色々な表情を見せてくれると思いますのでまた紹介しますね。

DSCF1964.jpg
6月4日

DSCF2045.jpg
6月10日

DSCF2056.jpg
6月12日
すっごくふりふりの花弁が綺麗です。

DSCF2063.jpg
6月13日
最初はサーモンピンクっぽかった色が、透き通ったようなピンクになってきました。

DSCF2081.jpg
色が飛んじゃいましたが、全体です。
花首にうどん粉がついていて、首が少し曲がっちゃってます。
酷くなるとそのまま花が咲かないで終わるそうです。

ブランド ポールセンローズ
シリーズ パティオヒットシリーズ 
花色 ミディアムピンク
花径 8~10cm
花弁 25枚以上
香り 微香(野バラの香り)
高さ 20~40cm
葉 ダークグリーン
耐久性 バラとしては高いが、ポールセンローズの中では繊細
病害虫 バラとしては強いが、ポールセンローズの中では普通

朝顔観察 6月13日

DSCF2076.jpg
今日の朝顔です。
水月さんとエリアさんちのみんとV3さんの種を昨日のうちに水につけて、
少し根が見えてきたので、そのまま土に埋めました。
全部で7株なんですけど、富士の紅さんと一緒に紫さんも同じ鉢で育てようかなと迷ってます。
とりあえず鉢数はもう増やせないかと思うので…。

DSCF2077.jpg
スプリットさん1号、2号。
1号は2枚目の本葉と1枚目の本葉が大きくなってきました。
葉っぱもピンとしていて元気そうです。

DSCF2078.jpg
水玉さん達。ピンク水玉さんの双葉が小さいのでバランスが悪いのですが、
2枚目の本葉も出てきてきました。
順調に育ってきているようで嬉しいです。



DSCF2080.jpg
モモイロタンポポさん。綿毛らしくなってきましたよ~。
でも普通のタンポポと比べるとかなり小さいんです。もっと大きくなるのかな?

DSCF2079.jpg
こっちのは軽く触ったら取れてしまいました。その後風が吹いて飛んでしまったんです。
でも種の部分?以前買った種に比べるとだいぶ小さかったんです。
買った種はかなり大きいというか、長かったんですよね。
なのでまだ熟していないのかな??でも簡単に飛んじゃうようだと困りますよね。
グリーンランドさんみたいに袋を被せればいいかもしれないですね。



強風…

DSCF2055.jpg

今日はすっごく強い風が吹いてたんですけど、風でフラワーラックが倒れて
側溝に落ちてしまったんです。
ちゃんと場所を移動させておけば良かったです。もう大後悔。

主に多肉を置いてたんですけど、2.5号~3号の素焼き鉢が殆ど割れてしまいました。
中の多肉さんも水の中に落ちてしまったりで、大き目の多肉は何とか大丈夫だったんですけど、
寄せ植えのやつはかなりバラバラで駄目になったのも多いです。
葉っぱが全部とれちゃったりとか。もうかなり凹みました。

写真のアルミ缶のは逆さまになってたんですけど、ギューギューになっていた為に無事でした。
少し濡れて土で汚れたくらいで済んだんです。でも以前の写真を確認すると、やっぱり見た目が悪くなっているような…。
んでこの多肉の一つのお花は咲いたんです。

DSCF2054.jpg
黄色いお花です。とっても小さいけどかわいいです。

DSCF2006.jpg
6月7日の写真です。
この時点ではまだ蕾で黄色いのはわかったので楽しみでした。
この多肉はアカプルコゴールドです。


DSCF0838_20120612214958.jpg

寄せ植えを作ったばかりの9月30日の写真。
それぞれが小さくて隙間がかなり空いてるんですけど、今ではそれぞれが育っているのでギューギューしてます。
かなり狭そうでかわいそうかもですね。
でも色とか綺麗で羨ましい。
今は葉やけとかでだいぶ汚くなってるんですよね。

Zurich Forever

DSCF2007.jpg

今回はチューリッヒさん特集です。
小さいバラで、花弁がとても少ないのであっと言う間に開花してシベが見えてしまいます。
画像もあと1枚めくれたら完全に開く状態です。
実際、この数時間後にはパッカーンと開ききってしまいました。

DSCF2036.jpg

小さい花の割にはシベの部分が多いのか、開くと椿みたいに見えてバラっぽくないです。
なのでこれが苦手って人も多いみたいです。
でも色付の蕾の状態で長くいてくれるので、その姿がかわいくて人気のある品種みたいです。

DSCF2013.jpg

うどん粉病に超かかりやすくて、写真でも花首についてます。
でも去年よりもだいぶ強くなったのか、今年はあまり広がらなく元気です。
花弁も花径も去年よりも立派になりました。

DSCF2033.jpg

チューリッヒさんとは思えないくらい、綺麗な花姿を見れました。
でも数時間後にはやっぱり変わってしまうので、この姿を見るほうが難しいかもです。
冬とか寒い時期だと寒さに弱いのかなかなか開かないで終わる事もあるし。
でもこんな綺麗な姿を見てしまうと、これからも大事に育てたいな~って思います。
何だかんだととても強い品種だと思います。

DSCF2027.jpg

朝顔観察 6月9日

DSCF2016.jpg
大輪の水月さん以外は全部双葉が出て、スプリットさん2つと水玉さんは本葉が出てきてます。
水月さんはもう駄目かもしれません。
エリアさんの桔梗さんと一緒に早く準備しなくては。

DSCF2017.jpg
ピンク水玉さん、双葉の片方ですが、ちょっと大きくなってきました。
んで本葉も顔を出してきたので一安心かもです。
ウクレレさんの言うように蒔き直しはしない事にしました。
それにしても富士の紅さんが開いて思ったのですが、やっぱり大輪の双葉はデカイですね。

DSCF1959.jpg
久々に登場です。
以前寄せ植えを作ったキク科のお花達です。

DSCF1666.jpg
作ったばかりの頃の画像です。4月13日です。
写真を比べてみるとすっごく大きくなってますよね。
白いほうのデージーがかなりたくさん咲きまくるので、何度も切り花にしてカットしているんですけど、
それでもたくさん咲いてきます。
んでピンクに比べても背が高くてヒョロっとしているので風で倒れ気味なんです。
同じくコツラさんも。
なので強風の時とか見た目がかなり悪くなっちゃうのが難点です。
それにしても暑くなると蒸れて枯れてしまうそうなので、もう少ししたら駄目になるかもしれません。


該当の記事は見つかりませんでした。