mon petit jardin

朝顔、ミニバラ、お花の観察日記

ラブリーモア特集

今日はラブリーモアさん特集です。
先日なのですが、ラブリーモアさんが変な色で咲いていました。
これがその数日前の姿です。
dc061802.jpg
ラブリーモアさんはしべが見えてもかわいいのでそのまま切らずに放置しています。
でもそれは株にとってはあまり良くないそう。
本当は花弁が開きかけたらすぐに切り取ってしまうのがいいんだそう。

dc062107.jpg
んでこれが数日後の姿。すんごい濃い色に変ってます。
実際はもっと濃くてギョっとするような感じなんです。濃い蛍光ピンク色です。
多分前日に日光が強かったせいだと思います。蕾の状態の時に日光に当てると濃くなると思ったのですが、
花の状態でもそうなるみたい。
でもそうなると、裏側とか光が当たらない部分は薄いままなので浮いているように見えかなり変です。

dc061803.jpg
でもこんな淡い色で咲いている子もいます。淡いピンクも綺麗です。

dc061617.jpg

ラブリーモアさんはうどん粉病に強いらしく、今年すべての鉢で大蔓延してしまったのに、
無事だったんです。
でも途中から少しだけ出てしまって、その時にあせってカリグリーンと、その後にカダンセーフをあせって撒いてしまったのが悪かったのか、
それまで綺麗でツヤツヤな葉だったのにすぐに薬害みたいなのが広がってボロボロの葉に。
その後、他の鉢は新芽が出てきているのにラブリーモアだけ新芽が一切出ないんです。
なので汚い葉のまま。
しかもだいぶ葉が落ちちゃったので花だけついていて変な感じです。
復活しなかったらどうしよう。


関連記事

2 Comments

ウクレレ♪ says..."ありがとうございます。"
ラブリーモアさん特集
うれしいです!
テンションが上がってしまいましたw

以前の記事のモアさんと比べて、花の形が変化してますね。
花全体が丸い形になってきましたね。
最終的にこの形で落ち着くんですよね。
やっぱり見ていて楽しいなぁと思います。

しべは取らないといけないんですか。
しべがチョロチョロと出ているのがかわいいと思うんだけどなぁw
もったいないです。

1株の花の色を安定させるには、日光の加減が大事なんですね。
ということは、コツを掴めば自分の好きな色合いにできるってことですよね。
考えただけでも目がぐるぐるしてきます。
難しそう。

そうそう 梅シロップ2の記事でバラを水に浮かべて~っての部分で思い出したんだけど・・・。
中学生のとき、教室の近くに渡り廊下があり、そこに金木犀がずらっと咲いていたんです。
ブルーの小瓶がちょうどあったので、それに水をいれて、金木犀の花を浮かべました。

ミニバラは水に浮かべてもかわいいだろうけど、
写真のようにカゴに入れてもかわいいですね。

水に浮かべるなら平たい花瓶がいいなぁと思いますよ。
お客さんがきたときに喜ばれそう。
2011.06.24 13:34 | URL | #fBfEDq66 [edit]
MG★ says..."ウクレレさんへ"
> ラブリーモアさん特集
> うれしいです!
> テンションが上がってしまいましたw

喜んでもらえてこちらもとっても嬉しいです❤
>
> 以前の記事のモアさんと比べて、花の形が変化してますね。
モアさんって呼び方、いいですね~。いただきます。
咲き方だけど、咲き進むとそうなるのかな?
それとも最初の頃に咲いたのとまた違うって事もありますよね。
でも最終的な形もかわいですよね。


> 1株の花の色を安定させるには、日光の加減が大事なんですね。
> ということは、コツを掴めば自分の好きな色合いにできるってことですよね。
> 考えただけでも目がぐるぐるしてきます。
> 難しそう。
あ、そうですね。
好みの色合いにピッタリするのは難しいけど、でも色々と楽しそう。
私は濃い色よりも薄いのが好きなので、蕾が生長したらとことん日陰で育てるとか。
加減が難しそうですよね。

金木犀。なつかしいです。
ブルーの小瓶に金木犀のお花、何だかかわいいですよね。
いつも見ているブロガーさんが、とても素敵にミニバラを飾ってるんです。
色々な容器があって、どれも素敵で。
でもそんなのって何処で見つけるのかな~と思って。
ネットで探してもコレって思うのが無いんですよね。
平たい容器はウクレレさんのおかげで、そのまま平たい花瓶でぐぐったら、
水盤って名前だってわかりましたよ~。ありがとうございます。
2011.06.24 16:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yukachoco.blog98.fc2.com/tb.php/255-ddef7141
該当の記事は見つかりませんでした。